春のオシャレはセットアップから

2020SSのトレンドキーワードと言えばそれはまさに「セットアップ」です。
テーラードジャケットのセットアップが定番ですが、LIDNMはブルゾンとスラックスのセットアップをオススメしています。
セットアップが初めてという方も安心して使用して頂けるようLIDNMのセットアップのオススメポイントを特集しております。是非ご覧くださいませ。

GUN CLUB CHECK BLOUSON
¥ 16,500 - tax in

【2019AW、1分で即完売したGUN CLUB SHORT BLOUSONが春素材でリリース】
ガンクラブ柄の色味はベージュを基調としたコーディネートしやすい色味でありながらも、ブルーとキャメルの糸を織り込んだオリジナル素材を使用してました。

上記写真のG-8ジャケットは1950年代中期から1970年代中期まで米海軍(US NAVY)で採用されていたナイロンジャケットです。
50年代後半のモデルからラベルに表記される「WEP」の文字から「WEP JACKET」と呼ばれるようになりました。
GUN CLUB CHECK BLOUSONはこちらのWEP JACKETの最大の特徴でもある大振りのダブルポケットにインスパイアされデザインを落し込みました。

ワークウェアからインスパイアを受けた大きめなダブルポケットが特徴なオーバーサイズのショートブルゾンです。
ベージュカラーをベースとしたコーディネートしやすいガンクラブチェックの色味が拘りのポイントです。
デザインに関しては着丈を短くしアームホールを大きくとったトレンド感のあるシルエットが特徴です。


【POLYESTERE64% RAYON33% POLYURETHANE3%】

ポリエステルとレーヨンを混紡したウールのような見え感・肌触りが特徴の素材です。
定番のチェック柄となりつつあるガンクラブチェックですが、ベージュ x キャメル x ブルーというオリジナル色で組むことで他にない柄に仕上げています。

BUY NOW




GUN CLUB CHECK SLACKS
¥ 9,900 - tax in





全体的にゆとりは入れながらも細身のシルエットが特徴です。 またタックインした時にワンポイントになるよう、持ち出し仕様や深めのタックといった腰周りのクラシカルなディテールを取り入れながらも、ウェストの後ろ側にはゴムを入れたイージー仕様でベルト要らずです。 オリジナルのガンクラブチェックはコーディネートしやすい柄でありながらもオリジナルティがありLIDNMらしさを感じられるアイテムです。

BUY NOW




「オススメのブルゾンコーディネート紹介」
セットアップは上下のセットだけでなく、それぞれ単体で使えるアイテムです。 今回は今季注目の3つのスタイルをSNAP形式でご覧ください。